この空の世界に

このブログは版権・百合が多いです.なので、苦手な方は回れ右でダッシュで逃走してください。なのフェイが多いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

螺旋 2-13




試験勉強が嫌過ぎて


それとAO入試なんですが大学について調べないといけないんですよね・・・

私の嫌いな小論文ばっか…


そんなこんなで螺旋です


 私が撃った砲撃は直前にいなされて、誰かと思えば、ヴィヴィオだった。バリアジャケットを装備して、意思のこもったオッドアイが見る。

『なのはママ、刹那の相手は私がする』
「どきなさい、ヴィヴィオ!」
『やだ! いい加減、分からせたいの! それに、私は刹那の友達で、家族だもん!』

 『だから刹那とお話しする』そう言って、ヴィヴィオが魔力の渦の中に消える。
 私は駆けだせば間に合ったはずなのに、身体が動かなかった。だって、あの時の彼女の眼は…。

『なのはに、似てるね』

 ドキッとする。眼下に、笑顔を向けるフェイトちゃん。私の心を見透かされたようだと思ったけど、違う。私もそう思って、彼女もそう感じた。あの子は…私に似ている。だから、私は動かなかったんだ。
 だって、私だってそうしていたはずだから。





目を丸くした彼女がいた。突然現れて、なお且つ、突如殴ってきたんだから無理もないね。私が殴った理由を分かって無いみたい。殴られた場所を抑えて「ヴィヴィオ?」って、小さな声で呟いた。
 周りの魔力の渦が収まるのを確認して、今度は反対側の頬を叩いた。

「おぐふっ!? な、何するの!? てかなにしに来たの!?」
「ばっかじゃないの!?」

 捲し立てるような質問よりも大きな声で罵倒する。肩を竦めた彼女の腕を掴んで引き寄せた。

「何してるのは私のセリフ。何してんの、馬鹿じゃないの!? 何で言って分かんないの! 何度言えば分かるの!! 無理するなって! どうしてそうやって自分を痛めつけるの!? なんのための私達なの!?」
「ヴィヴィ、ヴィヴィオ! おちつ、」
「落ち着いていられないでしょ馬鹿!!!」
「ッ馬鹿とはなんだ馬鹿とは! そりゃ心配かけるのは悪いと少しは思うけど! 私だって考えて行動してるんだ! そうそう抑えられてはいそうですかってやれるか!!」
「逆ギレ!? それって心配してる私達が悪いって言うの!?」
「違う!」
「違わない!!」

 意味分かんない。意味分かんない! むかつく!!
 高ぶる感情のままに私は彼女に言葉をぶつける。こんなこと、言いたいわけじゃないのに。でも、思ってるのは本当。きっと私が何をいったって、注意したって彼女は分かってくれない。だったらこっちの想いもぶつけてやる。

「だいたいいつも勝手なの! こっちがどれだけ大変かも知らないで!」
「別にいいでしょう!? 私は頼んで心配してくれなんて言ってないもん!」
「はぁ!? もういい! そんなに馬鹿だとは思わなかった!」
「馬鹿で結構! ヴィヴィオの分からずや!!」
「~っ! 刹那なんて大っきらい!!」

 不意に出た言葉にはっとしたら遅かった。目の前の彼女は、さっきまでの口論していた表情じゃなくて、凄く悲痛な顔をしてそこにいた。俯いて、何かが、こぼれる。

「嫌いで、いい…」

 うそ

「別に、構わない」

 やだ

「    」
「いや!」

 最後彼女が何を言ったのか分からない。掴んでいた腕をそのまま後方に投げ飛ばす。違う、違うの、あんなこと言いたかったんじゃなくて、こんなことしたかったんじゃなくて。分かって、欲しくて。
 どくどくする心臓と怖いくらい冷たい汗。さっきまでの腕の感触と、聞こえなかった言葉。
 自分は嫌いって言った癖に、彼女に言われるのがたまらなく怖い。
 
「…ッ、…! …いいよ、もう、力づくで分からせるから!!」
「結局は同じじゃん」

 耳元で刹那の声。振り向くと同時に掴まれる腕。

「ありがとう。おかげで吹っ切れた」

 にこと、胡散臭い笑顔に血の気が引く。黒い魔力がにじみ出てる彼女。

「だから、うん。君はここで退場ね。私が嫌いなら、…もう関係ないでしょ?」

 一気に抜ける魔力。かろうじて、飛行のためのそれを残されて、私は墜ちた。
 





       はるか高い空に、貴女は、泣きながら立っていたのに。





スポンサーサイト

Comment

[112] みっくみく♪

Rv3X83K1
みっくみくにしてやんよ(笑)
http://507xifgd.hatsune.miku.mobi/507xifgd/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://period396.blog76.fc2.com/tb.php/881-8e2ac3f0

 | HOME | 

プロフィール

カエデ・フジサキ

Author:カエデ・フジサキ
管理人  カエデ・フジサキ=緋詠

職業 高校三年生三年生です 

生年月日 一月 五日

主にリリなの(CPなのフェイなの)を書いています。疲れた時はリンディ茶を試してみて自爆する命知らず。水樹奈々さんが好き。同等になのフェイが好き。フェイトさんに片想いも好き。だけどなのフェイのCPは変わらない。最近水樹さんが好きすぎて困る。最近坂本真綾さんの歌声にも惚れてきた。たまに変な発言するけど気にしない。ヘタレって言われるけど気にしない。つか、ヘタレじゃない。そこ、ヘタレ言うな。
ちなみに画像は本人像ではありません、あしからず。

基本リンクフリー
勝手に貼ってもはがしてもいいです。一報くれると嬉しいです。
なのフェイでなのはさんは夫。フェイトさんは王子様だけど、なのはさんの前だとお姫様と信じている方はマイブラザー&シスター。でもフェイなのも好きです。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。